はじめまして

おぎゃ~

 

それは偶然のような、必然のような不思議な瞬間でした。

 

honobono号とkurumiはいつものように出店が一緒になると、

お互いの食べ物や飲み物を交換して 飲み食いしながら仕事をするのが

楽しみの一つになっていました。

‥ってそれが一番の楽しみだったり!

 

その日も、食べて飲んで楽しく仕事をしていました。

 

するとどこからともなく聞こえてきたのです。

 

「これ一緒に食べると最高に美味しい!」

「セットにしたらどう?」

 

天からのお告げ??

 

いやいや、三人のうちの誰かが言ったのだと思う(誰だっけ? )

 

でもほんと、合うんです! 

 

こうしてある冬の寒い日、ほのぼっくるは突然産声をあげました。

 

ほのぼっくるのこと、もっと知りたい?

 

お教えしますよ~

 

実は、ほのぼっくる、 、

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
(c)honobokkuru (honobonobo + Kurumi) All Rights Reserved.